一寸弄る

ご無沙汰しております。
偶にブログを更新するww
岩蝙蝠で御座います。
やっと此方の地方でも最高気温の氷点下が段々と
少なくなってきました。
桜前線まであと三か月もありますね・・・・
さて、今回は何時もとは一寸毛色の変わった
プラモデルを弄ってみました。
DSCF2847.jpg
レベル1/56スポーツフィッシングボートです。
購入経緯は忘れましたww兎に角
何か知らないけど買ったようですね
こんなことは長くプラモデルと関わっていれば、
よくあることですね。
そいで中身は
DSCF2848.jpg
いい感じに豪快です。
早速仮組み
DSCF2849.jpg
・・・・船に詳しくないので、これがいいフォルムかどうかも不明ですな。
まぁ合いはそこそこなので勝負は早いかなっと
またチマチマ作るとしますかね。

続きを読む

スポンサーサイト

ご無沙汰の理由

皆様、ご無沙汰しております。
岩蝙蝠で御座います。
広告が出るほどご無沙汰ですww
というのは、ここ最近の仕事というのは所謂
「屋根板金工事」ではなく、「屋根の雪下ろし」で、
然も「雪下ろし」なら未だしも正確には、
「屋根の氷割り」といった方が正しい仕事でしてね
時には厚さ300ミリはあろうかと思われる軒の氷を
命綱をぶら下げて巨大ゴムハンマー(別名かけや)にて
叩き割るという作業が数十日と続き、その負担たるや、
時には鍼灸のお世話になることもしばしばでして、
そんなこんな仕事もやっと終焉を迎え投稿に至っておるわけですわ
かといって全く作って無い訳でもなく、ちらちらと進めとるのですね。
DSCF2846.jpg
まぁまた少し纏まったら追々ご紹介致しますね。

新年一発目の投稿

皆様、こんばんは。
岩蝙蝠で御座います。
早速新年早々に作品が仕上がりましたので、
各投稿サイトに投稿致しました。
もし宜しければ、お好みの投稿サイトより
ご覧ください。
DSCF2844.jpg
DSCF2825.jpg
以上ご報告でした。

新春のお喜びと去年を振り返り、或は注目製品

皆さま、明けましておめでとうございます。
岩蝙蝠で御座います。
去年も色々ありましたが、何とか乗り越えて
無事現在に至ってますww
DSCF2816.jpg
去年を総括するとフレームアームズガールに
振り回された一年と言えますね・・・ワシ的には
結局一体も塗装せず、素組みで遊んどりますがね。
さてさてご挨拶(?)もこれぐらいにして、去年の作品を
振り返ってみますと・・・・・
DSCF2817.jpg
先ずは飛行機部門ですが去年新年に飛行機成分が少ないと言っていて
そのとうり飛行機は多めに作ったみたいですね。
DSCF2818.jpg
まぁその反動でアニメ系は少なくなってますね。
DSCF2819.jpg
そいで今年ですが、先ず今作りたいなーと思っているのが
このグラーフ・ツェッペリンです。
DSCF2821.jpg
ただ中身はアオシマ新規ではなく、昔、ワシも作った
レベルのでスケールもややちっさいくて、モールドは
・・・・・位のレベルwwwですね
DSCF2820.jpg
しかし艦これのおかげでよくこんなマイナー艦をだしましたなって感じで
ワシ的にはよくわからないおまけが入っていても全然オッケーですわ
DSCF2822.jpg
久しぶりの再会wwにテンションが上がったワシは
デテールアップパーツも買い込みましたわ
さてさてどうなることやら
今年もプラモ道が始まります。



モノのスツーカの紹介、或は幾つ買うのか?モノのスツーカwww

皆さま、お久しぶりで御座います。
岩蝙蝠で御座います。
広告が出るほど久方ぶりですが、模型製作はボチボチ
やっとりましたが、ブログに書くほどでもなくなんとなくダラダラと
すごしていたというのが、実状でして・・・・
そんな中、ワシの中でのトピックが出て来たので
今回はそれをご紹介ってことで、
DSCF2808.jpg
其れは久しぶりに再販されたモノグラムのタンクバスター・スツーカです。
DSCF2809.jpg
実は此のタンクバスターとしてではなく、D型としては今まで何度か
再販されていたのですが、G型は此処最近見られなかったので、
昔からのスツーカファンのワシとしては嬉しい限りですな。
DSCF2810.jpg
そもそも此のスツーカは1960年代後半にデビューした古参兵でしてね
モノグラムから発売と同じ位にバンダイが代理店となりバンダイ・モノグラムとして
日本でも発売してました。
DSCF2811.jpg
DSCF2812.jpg
内容はとてもサービス精神旺盛でデカールもてんこ盛り、しかもステッカーまで
付くという大盤振る舞いの内容でしたね。
DSCF2814.jpg
そして1980年代後半に一部型金を変えてD型を発売しました。
DSCF2815.jpg
DSCF2813.jpg
当然、対戦車砲は取り除かれ、代わりに爆弾装備、夜間用の排気管カバーが
追加され、デカールはルデルのD型に変わりました。
その時に主翼のバルジが修正され、そのまま今回は再販されていたので、
パッケージの表記のG-1というよりG-2に近いと思いますね、翼端も長いし
DSCF2806.jpg
これはだいぶ前にハセのスツーカのバルジと翼端を短く修正して
よりG-1に近くして拵えたものです。
DSCF2807.jpg
DSCF2804.jpg
DSCF2805.jpg
昔は意外と真面目に作ってたなーという感じwwww
プロフィール

岩蝙蝠

Author:岩蝙蝠
まぁ~ダラダラと模型とその周辺とかをツラツラと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR